いいケーブルにしやがれ!

オーディオ


プラグが金メッキやプラチナの違いで音が劇的に変わることはないが、スピーカーケーブルの違いによる音の変化は大きく、昔はよく聴き比べました。
モンスターケーブル、ベルデン、アクロテックなど、細くて貧弱なものから太くて立派な高いものまで試したところ、太くて高いのがいいとは限りませんでした。
当然、先入観にとらわれないように、どのケーブルをセッティングしたかは知らずに、音だけで判断しました。
総勢10名で試聴した結果はベルデンになりました。
ベルデンのいいところは、音色が明るく音の立ち上がりが早いところで、信号が綺麗にケーブルを流れているかんじがします。
そのため音が固く感じたりしますが、解像度はいいですね。
他のケーブルは、モサッとしてたり音が締まらない感じでした。
ちなみにアンプはマッキントッシュ2500で、スピーカーはYAMAHA10Mでした。
今のスピーカーは、BOSE M3でパワードのため、DACのRCAアウトからBOSE M3までをベルデンにしようと思います。
次はUSBケーブル編です


— 「楽天」「ヤフオク」「アマゾン」でオーディオ製品を検索する —
RakutenIchiba   YahooAuction   Amazoncojp