FOSTEX 「HP-V1」試聴・評価レビュー

オーディオ ヘッドホンアンプ 真空管

HP-V1レビュー
秋のヘッドホン祭り2013に行ってFOSTEX 「HP-V1」を試聴してきたので、ポタアンの評価とレビューをレポートします。
FOSTEX 「HP-V1」は前回もヘッドホン祭りに参考出品として展示されていましたが、今回も同様でまだ販売されていませんでした。
「HP-V1」にはUSB入力が無いため、先輩の「HP-P1」のUSBから入力しLINEOUTを「HP-V1」に入れて試聴します。これがFOSTEXさんのおすすめだそうです。
さて「HP-V1」の音質ですが、真空管らしいサウンドで音の輪郭がハッキリ出て、ボーカルも存在感があり、アタックが強めに出るためかスネアもしっかり鳴ってくれます。
少しレンジが狭くサウンドがローダウン気味ですが、ベースはブリブリとドライブしてるところは好きです。
30分間くらいの試聴でしたが心配していた本体の熱のほうは熱くなりませんでした。
「HP-P1」と比較しても高域が綺麗に伸びて気持ちいいと思いました。
真空管アンプが好きでいろいろなアンプを試聴していますが、最近のポータブルアンプは真空管の特性を殺しているようなサウンドにチューニングされた機種が多くがっかりすることが多いですが、このアンプは真空管らしいサウンドになっているので好きな機種です。
2013年度中の販売が目標ということですが、希望としてはUSB入力が付けば即買いです。
HPV1_HPP1違い


— 「楽天」「ヤフオク」「アマゾン」でオーディオ製品を検索する —
RakutenIchiba   YahooAuction   Amazoncojp
2015年6月26日には中古価格が31500円まで下がった。1万円台になったら買おうかな。
20150626HPV1