ゼンハイザーHD800 HD700 HD650とHDVD800の試聴レビュー

オーディオ ヘッドホン

HD800レビュー
HDVD800レビューゼンハイザーのヘッドホンアンプ「HDVD800」

Sennheiser(ゼンハイザー)のヘッドホン「HD800」「HD700」「HD650」をゼンハイザーのヘッドホンアンプ「HDVD800」でバランスケーブル「CH800S」とアンバランスケーブルとの比較し違いを聴き試聴してきましたので感想をレビューします。
ゼンハイザーというと通称「クジラマイク」のMD421が有名で数々のドラムサウンドのマイクに使用されてきました。特にキックのアタックを拾うのとタムのマイクに使われています。ほとんどのMD421は、ドラマーが叩くスティックにボコボコにされて原型をとどめないマイクで有名です(笑)
価格は「HD800」が13万円、「HD700」が8万円、「HD650」が4万円くらいで販売されています。
イヤホンの「IE800」は6万円、「IE80」が3万円と高価なため個人輸入か中古での購入がいいと思います。
また、HD800を活かすためには、ヘッドホンアンプ「HDVD800」とバランスケーブル「CH800S」がオススメです。好みの音質に近づけるにはリケーブルもいいと思います。
「HD800」をバランスで聴いたところオープンエアだからということもありますが、音楽の音と空気が交わることの大切さを改めて認識できました。金物が優しくリアルに鳴り響く音の柔らかさは、他のヘッドホンではあまり聴くことができません。アンバランスケーブルの音質はバランスを聴いたあとでは厳しいですね。。。
この試聴環境のゼンハイザー3点セット「HD800」「HDVD800」「CH800S」は最強かもですね。

— 「楽天」「アマゾン」でゼンハイザー製品を検索する —
RakutenIchiba   Amazoncojp