万座温泉旅行@群馬

家族旅行


2015年8月28日 万座温泉旅行@群馬
朝5時に起床し5時半に自宅を出発。高速に乗る前に給油し首都高速へ。2つのカーナビをセットしたが、どちらも西池袋で降りろと指示があり降りて下道で和光インターから外環にのり関越道へ。下道も空いていたからいいけどなんで? 

そんなこんなで上信越道へ入り、軽井沢に8時に到着して朝食を「沢村」でとることに。お店の雰囲気や食事は美味しく10時くらいまでゆっくりした。 
周りのお店が開店しウィンドウショッピングを楽しみ、近くにある石の教会を見に行った。
ここは20年前に会社の先輩が結婚式を挙げたところで、石の芸術がすごく綺麗な教会。教会の周りの歩道も石造りで林に覆われていていい感じの場所だった。
新緑の時期に来たい。
次に白糸の滝へ向かった。有料道路で600円を払い駐車場へ車を停め滝まで数分歩いた。白糸の滝は地層が見えてる上からまんべんなく、水が落ちて滝になっている。この日は雨が降り水量が多く白糸ではなく見えた。帰りの売店で岩魚の塩焼きが美味しそうだが、御飯食べたばかりでスルーした。 
車に戻り有料道路を使い草津へ。鬼押出し園はスルーして草津温泉に11時50分ごろ到着した。
お土産屋さんや草津名物の湯畑を見て、足湯に浸かり昼食にした。昼食は湯畑近くの行列ができる蕎麦屋さん「三國家」にいき30分くらい並んだ。
ようやく入れて2.5人前ある三國そばとつけ汁の都汁を注文した。蕎麦は3人で食べても充分なボリュームで、つけ汁も鶏肉の出汁が効いて濃厚でかなり美味しい。行列ができるのも納得。
お店を出て娘は焼き鳥を一本食べて草津を後にした。
草津周辺は警察車両が多く物々しい理由は、天皇皇后が来ているようだ。
草津から万座へ向かう途中の山道は霧がすごくて、視界は前方10mくらいで徐行して走る。普通だったら通行止めだろう。久しぶりにフォグランプを点灯した。濃霧のおかげで道も間違い、なんとか宿に着いたら宿もまちがった。
今夜の宿は万座プリンスホテルではなく、万座高原ホテルだった。
万座プリンスホテルから万座高原ホテルへ戻り15時過ぎに受付を済まし3階の364の部屋へ。
ベッドが2つ、ソファベッドが2つある。オートロックではなく鍵をかけるタイプだった。コンセントも2つしかないから携帯の充電で困る。トイレとシャワールームは綺麗。エアコンは無く、窓を開けて暑ければ扇風機を使う。冬はどうなるのか不安。 
夕食前にお風呂へ。女性は内湯へ。自分は石庭露天風呂へ。露天風呂はタオルを巻いて入る混浴でツアー客の老人が多い。お年を召した女性もたくさん入ってくる。大小様々な風呂が7個あり、熱めのお湯から温めの温度があり、泉質は2種類で乳白色と緑白色があり、どちらも硫黄泉で乳白色はサラッとしてて、緑白色は優しい感じ。
熱いお湯はゆっくりできないので、適温の乳白色で体を温め、緑白色の温いお風呂でのんびり過ごした。若めの母娘が入って出にくくなり、さらに追い討ちをかけるように名古屋から来たおじさんと話をして、予定より長く入りいい感じでのぼせそうになったので16:45に風呂から上がって着替えた。 
夕食は17時からレストランに行き、ビュッフェなので空いているうちに食事をゲットした。飲み放題は1900円と高いが自分だけ注文した。生ビールがとても美味しく感じたが、標高が高いところで飲むビールや牛乳はいつも美味しく感じるが何かあるのか調べてみよう。
料理は適当に食べれるが、どれもそこそこの味。外国産の牛肉シャブシャブはスジがあって食べ切れず。天ぷらは茄子と蓮根とインゲンで舞茸が無くて残念。蕎麦は可も無く。オヤキみたいなのは具が無い。野菜は新鮮。1番食べたのはタコ焼きだけど冷凍タコ焼きで食べたことある味。
飲み放題としてはビール5杯、日本酒2合で充分に酔っぱらう。 
夕食後は部屋へ戻り、朝早いこともあり19時には寝落ちした。早く寝たため朝2時に目が覚めて、内湯と露天風呂へ行き写真を撮りに行く。外は大雨のため寒くて風呂に入る気もしないので、写真だけ撮った。
 3時30分ごろタコ焼きを食べて4時に寝れたけど、なぜか4時30分に起きて露天風呂へ行き、朝食の6時までのんびり温泉に身を浸す。 
6時になりレストランへ行き朝食を食べた。既に席が埋まり人通りの多いテーブルに。朝食もビュッフェスタイルでおかずを取るのに長蛇の列で空いているところからゲットした。
昨夜の暴飲暴食で食欲はあまり無いしテンションが上がらない。牛乳とオレンジとリンゴジュースが美味い。あとはほどほど。
朝食を終え少し寝る。
9時くらいに万座プリンスホテルの露天風呂へ。ノーチェックで温泉に入れて心配。露天風呂へ行きかみさんと娘とで混浴を楽しむ。自分は朝湯が2回目ということもあり湯疲れでいち早く上がる。誰もいなくなったので写真を撮った。 
11時にホテルをチェックアウトして山を降りるころには、またもや霧が立ち込め濃霧の中を下山。 
行き先は、伊香保温泉近くの水沢うどんのお店へ。20年前に行った思い出の大澤屋に13時に到着。
ざるうどん大盛りと舞茸の天ぷら2個がセットの竹で1404円を3つ注文。うどんは喉越しが良く美味い。舞茸の天ぷらは大きくてサクサクで最高に美味い。満足度100%以上!またここで食べたいわぁ。 
次に伊香保温泉街へ移動し石段を上から下まで降りて、下から上の伊香保神社まで歩いた。石段の途中には岸権旅館の足湯や昔ながらの射的場が多くある。軽くツマめるようなお店はこんにゃく団子か上にあるお店しか無く娘は抹茶ソフトを食べてた。帰り途中の裏路地にお洒落なお店があり、もったい無い。
 15時に伊香保温泉を出て帰路へ。高速の渋滞も練馬の料金所あたりのだけで、帰りも首都高速で道を間違えて遠回りした。自宅に到着したのは17時30分ごろ。